旧山陽道.pngのサムネール画像のサムネール画像旧山陽道.pngのサムネール画像のサムネール画像

旧山陽道は、かつては播磨(現在の兵庫県)から周防、長門までの8か国に渡る五畿(ごき)七道(しちどう)のひとつでした。現在の山陽小野田市内では西見峠(写真)から西へ下り、厚狭川を渡って広瀬道を山野井の七日町へ出て福田を通る経路だと言われています。(鉄道の開通などで経路が部分的に変わっています。)経路には今もなお、一里塚や道標、宿場町の面影が残っています。この道を熱い想いを抱いて駆け抜けていった幕末の志士の息吹を感じながら散策されてみてはいかがでしょうか。