寝太郎まつり

1005_1.jpgのサムネール画像

寝太郎まつりが、ゴールデンウィーク初日4月29日(木)に、厚狭駅商店街通り周辺で行われました。立派な千石船に乗った寝太郎君が200人を引き連れて商店街をねり歩く様は、寝太郎君が佐渡からわらじを持ち帰り、たくさんの砂金を手に入れた当時を偲ばすような、まちの賑わいが感じ取れました。また千石船には、寝太郎権現様も乗っておられ、今も昔も変わらぬ様子を喜んでおられたのではないでしょか。少し冷たい風が吹いていましたが、天気もよく来場された方も楽しまれた事と思います。今年は、山口国体のマスコット「ちょるる」もパレードに参加し、まつりを盛り上げていました。

6月13日(日)まで「おのだサンパーク」特設大テント会場で日本三大
サーカスのひとつポップサーカスが、好評公演中。
まずは、ピエロが登場し、アクロバットとリバース・バンジーでスタート。トランポリン
は、観客も2名参加できます。可愛いドッグショーや幻想的なリボン・アクロバットなど
多彩な演目に続き、クライマックスはやはり空中ブランコショーで迫力満点。
約2時間があっと言う間に過ぎてしまいます。高度な技で観客を魅了する一方、ピエロや
動物たちが気持ちを癒してくれます。
6月13日(日)までお得な前売券を山陽小野田観光協会(山陽小野田市役所内)で販売して
おります。(お問い合わせ:0836(82)1313)
皆さんもご家族でサーカスを観に行きませんか!とても楽しいですよ(^:^)
くわしくは、こちらをご覧ください。
RIMG0306.JPG

花だより

tutuji.jpg
江汐公園のつつじが満開です。
市内公園のつつじの開花状況は市のホームページ内にて掲載しております。
こちら

vol1.jpg
▲左(兄):木坂光弘(キサカミツヒロ)
▲右(弟):木坂寛(キサカヒロシ)
“sorgenti”・・・イタリア語で「泉」という意味。永遠に湧き続け、さまざまな味のする水(音楽)を与え続けたいという願いが込められています。
ツイン・ボーカルによる兄弟デュオ「ソルジェンティ」として、一番最初のステージは、
ここ「山陽小野田文化会館」でのライブだったというお二人。思い出の場所での取材&撮影となりました。

こんにちは!お二人は5歳違いということですが、
そんなに離れているようには見えませんね♪
市民
兄:そうですか~?(笑)

お二人は山陽小野田市のご出身ということで、
第1回目の市民の広場に出ていただいたのですが、
どちらの校区のご出身ですか?
市民
埴生です。
埴生小学校・埴生中学出身です。 o(^^)o
つい先日、TV撮影で地元・埴生の「花の海」
「浜のてんぷら屋」さんに行ってきたところです。
hiro.jpg
浜のてんぷら屋◆ソルジェンティ天ぷら
(撮影:hiro)

あーブログで拝見しました。
しんごちゃんのやつでしょ?放送楽しみです!
——————-きりとり——————–

子供のころスポーツは何かされてましたか?
市民
小学校は特になにも。
中学では二人ともテニスをしていました。

音楽の道に進んだきっかけは?
市民
それぞれが別々にオーディションを受けて!です。
—————————————————————————————————————————
先に受けたのは弟の寛さん。中学卒業して時間に余裕があったころに受けたそうです。
オーディションの中で味わった今まで感じたことのない緊張感。それまで持っていた自信を打ちのめされたという感覚がまた楽しいと思うようになったそうです。二人とも最初のオーディションでそれぞれにいいところまで行ったそうでそれから本格的に目指すようになったようです。
今年は活動の場を山口から東京へ移してがんばってるお二人。
不安と期待が入り混じりながらですが、
「不安よりも期待が大きい、家族も大いに応援してくれています。」ということです。仲のよい二人を見てこちらもほっこりいい気分になりました。
とてもよい青年たちでした!!
今後のさらなる活躍を応援&期待しています!
山陽小野田市をあげて応援しましょう!


vol1_2.jpg
DAIBA MUSIC FACTORY 2009グランプリ受賞

2009年、東京お台場で開かれた
第2回新人アーティスト発掘オーディション
DAIBA MUSIC FACTORY 2009」でグランプリを受賞した。
(全国から200組以上がエントリー)
兄弟ならではの息の合ったハーモニーが高い評価を受けた。グランプリ受賞者には「CDデビューサポート」という副賞があり、2010年は活動拠点を東京に移すこととなった。

人気もん出演
「人気もん!」は、ナビゲーターの柳沢慎吾さんと一戸奈美さんが中国地方の各地を訪ね、地域の様々な魅力を再発見し紹介していく番組です。
http://www.energia.co.jp/ninkimon/
放送日 2010年3月14日(日)
ソルジェンティ公式ホームページ
http://www.sorgenti.jp/

関門海峡に沈む夕日.png
 
 
 
【アクセス】 津布田バス停からすぐ
 
 
 
 

 山陽地区の津布田海岸から眺める夕日は、1年に2度、関門海峡に沈みます。1回目は、11月20日頃で、もう1回は、1月20日頃です。つまり、11月中旬から冬至を挟んで約2か月間、ここから眺める夕日は、九州地区に沈むということになります。あたかも、夕日がこの間、九州の恋人に会いに行き、そしてまた本州に帰って行くかのようです。

そのようなロマンスに浸りながら夕日を眺めることも、趣が違ってなかなか良いものです。

山陽小野田市は、いろいろな場所からとても美しい夕日を眺めることができます。新しいスポットがあれば、観光協会(0836-82-1313)までぜひお知らせください。

 

月別アーカイブ