百万遍念仏.jpg

有帆片山地区の百万遍念仏が2月16日(水)に行われました。

この伝統的な行事は江戸時代末期に、疫病と大火の厄払いとして法要が行われたのをはじめとし、現在まで150年にわたり一度も欠かすことなく守り継がれてきました。

今年も当屋をはじめ、地域の方など約40名が、長さ10メートル大小333個の玉からなる大数珠に家内安全・五穀豊穣などの願いを込め回しました。中央には子供たちがお経のリズムに合わせ太鼓をたたき、法要は1時間ほどで終わりました。

その後地域の皆さんは当屋のふるまう精進料理を囲みふれあいの時をすごされました。

月別アーカイブ