岩崎寺 

岩崎寺.jpg

山陽小野田市有帆角石にあります岩崎寺(がんきじ)では2月18日(金)の「初観音」に合わせ木造千手観音菩薩立像、木造釈迦如来坐像、木造阿弥陀如来坐像の3躰が「1日開帳」されました。

これらの仏像は、平安時代に制作されたもので、20年に1度の開帳秘仏でしたが、平成4年から1年に1度の開帳となって多くの方に見ていただける機会が増えました。

岩崎寺新観音堂に安置されている7躰の仏像は、山口県指定文化財で平安時代前期から鎌倉時代初期に制作されたもので、お顔もやさしく穏やかで拝観するこちらも心穏やかになります。また、拝観時に頂いたお札でこの1年が無事に過ごせるような気がしました。

月別アーカイブ