CIMG1098hp.jpg

平成23年6月25日(土)に産業観光『知られざる「窯のまち小野田」とガラス細工体験』が催行されました。このコースは第1回地旅大賞特別賞を受賞したコースで、昔から小野田では窯を使った産業が盛んに行われ、今も当時の窯跡が多く残っています。

はじめに山陽小野田市歴史民俗資料館で窯業が盛んだった当時のジオラマを観ながら、分業で粘土づくりからはじまり形成し、登り窯で焼きあげていたことを学びました。

その後バスで皿山に移動。徒歩で旦の登り窯をはじめ硫酸瓶などで作られた瓶垣などを観て歩きました。偶然にもここで、実際に製陶に携わっておられた方に、当時のお話を伺うことができ幸運でした。

昼食には地産地消、旬の素材こだわっておられる中国料理敦煌小野田店でランチを美味しく頂きました。

午後からは山陽小野田市に唯一残っている須恵焼の窯元、松井製陶所に伺いました。土に手を添え、そこから生まれる壺に皆さん目が釘付けでした。

その後は、国の重要文化財である徳利窯を間近で見学。休憩のきらら交流館ではちょうど「本山周辺今昔」の写真展示が行われており、昔の写真に懐かしさを感じておられました。

最後は、ガラス未来館でトンボ玉を制作しました。皆さんお気に入りのトンボ玉が出来たのでしょう笑顔でガラス未来館をあとにしました。

このツアーは平成23年11月30日(水)にも予定しておりますので、皆さんのご参加をお待ちしています。

 

発掘.jpg

山陽小野田市歴史民俗資料館では「発掘された山口巡回展~里帰り 厚狭 柳下・今市遺跡~」が開催中です。

この巡回展は、県内で平成21年度に発掘された成果を公開しており、石に経文を書いたものや、お墓から見つかった烏帽子。発掘に使った道具も展示されており、なかでもお玉は、丸い柱のあとを発掘するのに形がちょうどよいなど、なるほど!と思わせる使い方をしていました。

また、地元厚狭柳下・今市遺跡で平成18年に調査出土した土器を里帰り展示していました。

開催期間は平成23年7月24日(日)まで、学芸員による詳しい説明を聞きたい方は、山陽小野田市歴史民俗資料館☎0836-83-5600までお問い合わせください。

DSC06346炬火 (2).jpg

平成23年6月19日(日)に秋に行われる「おいでませ!山口国体」の開会式で集火される、山陽小野田市の炬火(きょか)を市内3か所で採火し、集火式会場の市民体育館まで炬火をリレーしました。リレー後は市民体育館で集火が行われ、各会場から採火された火を一つの「山陽小野田の炬火」とし、炬火名の発表が行われました。

山陽小野田市の炬火名は、「がんばろう絆でつながる山陽小野田希望の火」と名付けられ、国体開会式まで市役所ロビーで展示されますので、ぜひご覧になってください。

また、この日は国体100日前イベント「カウントダウンフェスタin山陽小野田」も同館で行われており、市内のスポーツ少年団や子ども会など、多くの子供たちも来場しており集火式を一緒に盛り上げてくれました。

P1000319hp.jpg

山陽小野田市杣尻交差点近くの物見山公園菖蒲園では、ハナショウブが見ごろを迎えています。

白や紫、黄色などの花が約20種6000株植えられており、やわらかな花弁が風に揺れ、開花時期のはかなさを感じさせました。今は1番花も終わり2番花が咲き始めているところで、もう数日は見事な花を楽しませてくれることでしょう。

駐車場よりため池上部へ、約300メートルほど奥に進んだところに菖蒲園があります。

P1000304hp (2).jpg

平成23年6月19日(日)江汐公園であじさいまつりが開催されました。

管理棟前では、あじさいの苗が当たる抽選会に多くの方が並び、あじさいの苗や花の種などを手にしていました。

管理棟周辺ではあじさいの展示や地元野菜の販売、お茶席などもありたくさんの方が楽しんでいました。

また、江汐大橋を渡った「あじさい園」では緑の葉にピンク、青、白色の色とりどりの花を咲かせたあじさいをバックに皆さん記念写真を撮っていました。あじさいは今、見ごろを迎えています。

CIMG0881hp.jpg

平成23年6月8日(水)産業観光「開作のまちとリサイクル」に参加してきました。

はじめに、日産化学㈱小野田工場では会社の歴史と現在生産されている商品の説明を受け、近代化産業遺産である塩酸吸収塔を見学をしました。

次に国指定史跡「浜五挺唐樋」や勘場屋敷、高泊神社を巡りながら開作について学び先人の知恵に驚きました。

昼食後に共英製鋼リサイクル工場で鉄スクラップの選別工場を見学後、共英製鋼㈱山口事業所に移動、スクラップ鉄が電気炉で溶かされオレンジ色の液体になり、鉄鋼材に生まれ変わっていく様子を見学しました。大きな音と共に登る湯気や鉄が溶けたオレンジ色の液体にみなさんやや興奮気味に見入っていらしゃいました。

リサイクルに力を入れている㈱晃栄では選定木などを堆肥にしたり、使用済てんぷら油をリサイクルする話を聞かせていただきました。

このコースは10月17日(月)にも予定しておりますので、ご興味ある方はどうぞご参加ください。

お問い合わせ 宇部市交通局☎0836-31-2442

なおこのコースは徒歩で見学しますので歩きやすい靴でご参加ください。

 

 

060502hp.jpgのサムネール画像

今年も竜王山全山にヒメボタルがたくさん乱舞しています。特に今年は子持御前そば海がわ法面にたくさん飛んでいるようです。午後8時を過ぎたころからひとつふたつと光りだし、午後9時ごろにはホタルの乱舞のピークをむかえます。今年は6月中旬までホタルを見ることが出来そうです。竜王山には観察者もたくさんいらっしゃいますので、安全第一でホタルの観察をお楽しみください。

hp寝太郎の里.jpg

 平成23年6月4日(土)梅雨の晴れ間に恵まれ、恒例のほたる祭りが賑やかに厚狭川河畔のゆめ広場で開催されました。会場には、たくさんの露店が並び、どれも美味しそうで、何を食べようか迷ってしまうほどです。ステージでは、寝太郎太鼓の演奏をはじめ、かわいい園児たちによる「ちょるるダンス」、元気いっぱいのダンスパフォーマンスなどが披露され、祭りを盛り上げました。暗くなるといよいよ主役のほたる達が登場し、美しい光のショーで観客を魅了していました。ほたる鑑賞は、もう少し楽しめそうです。

総会23.jpg

平成23年6月3日(金)山陽小野田観光協会総会を開催いたしました。

今年も多くの会員様にご出席いただき、平成22年度事業報告・平成22年度決算報告・平成23年度事業計画・平成23年度予算・役員改選について、ご了承いただきました。

今年度は「おいでませ!山口国体・山口大会」に向けた取り組みをはじめ、新たに産業観光「夏休み親子ツアー」の開催や山陽小野田検定実施に向けたガイドブックの制作を進めて参ります。詳細はHPなどで随時紹介してまいりますので、どうぞお楽しみにしてください。

センダンhp.jpg

センダン

海岸近くで見られる落葉高木です。

竜王山では配水地のフェンスがセンダンの展望台です。

この近くのセンダンは20本におよび、ほのかな芳香漂わせています。