CIMG1098hp.jpg

平成23年6月25日(土)に産業観光『知られざる「窯のまち小野田」とガラス細工体験』が催行されました。このコースは第1回地旅大賞特別賞を受賞したコースで、昔から小野田では窯を使った産業が盛んに行われ、今も当時の窯跡が多く残っています。

はじめに山陽小野田市歴史民俗資料館で窯業が盛んだった当時のジオラマを観ながら、分業で粘土づくりからはじまり形成し、登り窯で焼きあげていたことを学びました。

その後バスで皿山に移動。徒歩で旦の登り窯をはじめ硫酸瓶などで作られた瓶垣などを観て歩きました。偶然にもここで、実際に製陶に携わっておられた方に、当時のお話を伺うことができ幸運でした。

昼食には地産地消、旬の素材こだわっておられる中国料理敦煌小野田店でランチを美味しく頂きました。

午後からは山陽小野田市に唯一残っている須恵焼の窯元、松井製陶所に伺いました。土に手を添え、そこから生まれる壺に皆さん目が釘付けでした。

その後は、国の重要文化財である徳利窯を間近で見学。休憩のきらら交流館ではちょうど「本山周辺今昔」の写真展示が行われており、昔の写真に懐かしさを感じておられました。

最後は、ガラス未来館でトンボ玉を制作しました。皆さんお気に入りのトンボ玉が出来たのでしょう笑顔でガラス未来館をあとにしました。

このツアーは平成23年11月30日(水)にも予定しておりますので、皆さんのご参加をお待ちしています。

月別アーカイブ