厚狭花火.jpg

平成23年7月25日(月)厚狭納涼花火大会が2年ぶりに開催されました。昼間の暑さも和らぎ、涼しい風が吹くなか、花火観賞には最高のコンディションとなりました。昨年の今頃、厚狭川周辺は豪雨災害により大変な状況だったことを思い出します。改めて被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

さて、この花火大会は昭和8年に始まった歴史ある花火大会で、今年は79回を数えます。鴨橋付近に夜店が並び、打上花火が川面に映って何とも風情のある花火大会です。厚狭天満宮では、大福引大会などが行われ、2年ぶりとあってみなさん大変楽しみにされていたようで、多くの観客で賑わっていました。

 

ウバユリhp.jpg

ウバユリ(ユリ科)

竜王山のもみじ谷でウバユリが見ごろとなりました。

花が咲くころ、葉(歯)が枯れて無くなるので

姥(うば)百合と呼ばれるようになりました。

花の近くでは芳香が漂っています。

今月いっぱいが見事でしょう。

 

CIMG1241hp.jpg

平成23年7月17日(日)きららビーチ焼野で、海開きのイベントとしてやけの美夕フェスタ2011が開催されました。

キラキラ輝く砂浜では朝早くからたくさんの家族連れが海水浴を楽しんだり、ビーチバレーボールで汗を流したりと、楽しい時間を過ごしていました。

また、ステージでは、フラダンス・竜王太鼓・ヒップホップダンスなど、さらに盛り上がるイベントが見白押しで、会場は熱気でいっぱいでした。

海水浴にお越しの際は、体調に十分留意された上、安全第一でお楽しみください。

 
CIMG1181hp.jpg
平成23年7月14日(木)本格的な海水浴シーズンを前に、きららビーチ焼野海開き安全祈願祭を赤崎神社で行いました。
祈願祭は関係者15名で行い、海水浴客の安心安全と海難事故の防止を祈願しました。その後きららビーチ焼野に移動し、お神酒を波打ち際にまき現地での祈願も行いました。
これからの海水浴シーズンにはたくさんの方にご来場頂き、楽しい思い出を作って頂きたいと思います。祈願祭当日も近くの園児が砂浜で遊んでおり、ビーチにはかわいい笑顔がいっぱいでした。

DSC_1511hp.jpg

コオニユリ(ユリ科)

竜王山にはコオニユリが自生しています。

これが咲き始めると梅雨明けが間近となるのですが、

今年は例年より相当早く梅雨明けとなりました。

コオニユリは低山~亜高山までみられます。

竜王山では見ごろとなりました。

 

きららビーチhp.jpg

 

 

 

 

 【アクセス】 きらら交流館前バス停すぐ

 

 

 

 

 

 

 

山陽小野田市唯一の海水浴場「きららビーチ焼野」は、平成11年7月20日に焼野海岸コースタル・コミュニティー・ゾーン整備事業の一環としてオープンしました。7月17日(日)は恒例の海開きイベント「やけの美夕フェスタ」が開催され、ビーチバレーボール大会や宝探し、各種バザーなどの催しが楽しめます。イベントに先立ち観光協会では、7月14日(木)に安全祈願祭を執り行い、8月末までの海水浴シーズンの安全を祈願します。周辺には、トロン温泉やレストランを備えた「きらら交流館」、ガラス体験ができる「きららガラス未来館」、大きな竜の遊具が人気の「竜王山公園オートキャンプ場」などの施設が整備され、自然とふれあいながら1日中のんびりと過ごすことができます。

ビーチから望む美しい夕陽は、「日本の夕陽100選」に選ばれており、穏やかな周防灘を刻一刻と茜色に染める夕焼けの風景は、見るものの心を捉えます。