DSC06743.jpg

オオカナダモ【別名アナカリス】(トチカガシ科・沈水植物)

市役所近くの沖中川でオカナダモの白い小さな花が、水面より顔を出し咲いています。

このオオカナダモは、1940年に山口県で野生化した記録が残っており、低温や水質汚濁などの悪条件にも耐えやすいため、群生しているところが多いようです。

5月から10月ごろには水上に白い花を咲かせます。花は3弁の丸い花びらで、よく目立ちます。日本では雄株のみが生息しています。

この川にはフナやコイ、カメが住んでおり、白い花の間から顔をのぞかせていました。

DSC06729hp.jpg
平成23年9月24日(土)山口県唯一のワイナリー、山口ワイナリーで毎年恒例の「収穫祭」が行われました。ここで栽培されている白ワインの原料「シャルドネ」を約60キロ収穫し、この収穫したブドウを足で踏み潰して果汁を搾り、各工程を経て熟成させ、約1年後には店頭に並ぶそうです。
ブドウの踏み潰しでは、桶の中に入ったブドウを6名ずつが肩を組み、掛け声をかけながらブドウを踏み潰すのですが、ブドウを踏み潰した方は「とても貴重な経験ができました。ブドウを踏んだ感触は病みつきになりそうです」と微笑んでおられました。
収穫祭には約80人の方が参加されており、ブドウ収穫から踏み潰し、ビンゴゲームやじゃんけん大会と、アットホームな雰囲気で収穫祭は進み会場は笑顔がいっぱいでした。
こちら山口ワイナリーでは山口国体を応援する「山口国体ワイン」も販売しておりますので、ぜひ一度足をお運びください。

ヒヨドリバナhp.jpg
ヒヨドリバナ(キク科)
ヒヨドリバナの群落が3分咲きになりました。ほのかな芳香が漂ってきます。
アサギマダラは来月初旬に、この匂いに引き寄せられて
竜王山に姿を見せます。アサギマダラおいでませの準備はできました。
場所は中腹駐車場の上部です。

メハジキ3.jpg
メハジキ(シソ科)
竜王山もみじ谷で今メハジキが見ごろです。
派手さはありませんが味のある花です。
別名は益母草(もやくそう)産後の止血に
使われたところからついた名前です。

hp.jpg
平成23年9月10日(土)・11(日)にきらら博記念公園で、美食(びぃくぅ)グランプリ大会が行われ、バトルチップステック(専用割り箸)を使って来場者による人気投票が行われました。山陽小野田市からは「みちしおの貝汁」がエントリーされ、8市10グルメによる熱いバトルが繰り広げられました。
「みちしおの貝汁」は新鮮なアサリ貝をたっぷり使用し、貝のうまみを引き出した上品な白みそ仕立てで、専門店ならではのこだわりの貝汁を楽しまれた来場者は、容器一杯の貝汁に「美味しかった」「なつかしい味やね」と好評を頂き終了時間前に完売しました。
美食グランプリ大会期間中は約6000人が来場し、出店グルメを食べ比べ、各自お好みのグルメに投票していました。結果は、防府市「みそ焼きマイマイ」がグランプリを獲得しました。惜しくも「みちしおの貝汁」は3票差の2位となり残念でしたが多くの方に貝汁を味わって頂きました。
なお、みちしおさんでは10月9日(日)に「みちしお温泉まつり」が開催されます。ここでも美味しい貝汁がお楽しみいただけますのでぜひご来場ください。

ボタンヅルhp.jpg
ボタンヅル(キンポウゲ科)
葉がボタンに似ており、茎はツル状になります。
たくさんの花が付き豪華です。
竜王山では園路を歩けば発見できるでしょう。

月別アーカイブ