DSC05320.jpg

平成23年10月1日(土)~11月30日(水)まで、山口どこでも紙芝居スタンプラリーが開催されます。

県内各地の趣向を凝らした紙芝居を上演し、各上演場所に設置してあるスタンプを2個以上集めて応募頂くと、抽選で素敵な商品が当たります。詳しくはこちらまで。

また、山陽小野田市では、竜王山オートキャンプ場にて毎週土曜日夜19時から「アサギマダラのマー君」や「亀の恩返し」などを上演いたします。むかし懐かしい紙芝居をどうぞお楽しみください。

hp.jpg

ツルニンジン(キキョウ科)

別名「ジイソブ」という。根が朝鮮ニンジンに似ているのでこの名前がつきました。

ソブは木曽地方の方言でそばかすのこと。山麓などで見る事ができます。

竜王山では人目のつかない所で密かに咲いています。

花期は10月です。

10.3 初飛来hp.jpg

平成23年10月4日(火)竜王山に「旅する蝶」で有名なアサギマダラが初飛来しました。

その数は約20頭です。初飛来にしてはこれまでにない数です。

昨年からのヒヨドリバナはほぼ満開。今年植栽したサケバヒヨドリは4分咲きです。

これから約1ヶ月は楽しめますが、ピークは15日~20日頃です。

アサギマダラは旅の途中ですのでそっと見守ってください。

寝太郎荒神社.png

 

 

 

 

 【アクセス】  JR厚狭駅新幹線口より

             下関方面徒歩3分

 

 

 

 

 

 

JR厚狭駅新幹線口近くの住宅街の一角に寝太郎さんを祀った「寝太郎荒神社」があります。ここは、千町ヶ原のほぼ中央に当たり、寛延3年(1750年)地元広瀬地区の農民たちが、石祠を建て松の木などを植えて、荒地だった千町ヶ原を美田に変えた寝太郎さんに感謝を捧げたものです。この神社の敷地内に今年8月、山陽町史にその存在が紹介されているも長い間所在が不明だった石碑が改めて建立されました。石碑には「旱魃記念 自昭和14年6月22日至同年9月11日迄晴天 大井手掛けのみ満作」と刻まれており、昭和14年の大干ばつの際、寝太郎堰から水を引いた百町余りだけが大豊作であった驚きと感謝が表されています。人々の感謝の気持ちは受け継がれ、神社はきれいに履き清められ大切にされています。

月別アーカイブ