sangyokanko1.jpg sangyokanko2.jpg

6月22日(金)産業観光バスツアー第10章「開作のまちとリサイクル」が催行されました。このコースは、昨年に引き続いての人気コースであり、開作と化学遺産、民間企業が取り組んでいるリサイクル事業の実態を間近に見学する、産業観光の魅力を凝縮したツアーです。

はじめに、日産化学工業㈱小野田工場では会社の歴史等の説明を受け、灰かす山に登り市街を一望し、近代化産業遺産である塩酸吸収塔を見学しました。

次に国指定史跡「浜五挺唐樋」や勘場屋敷、高泊神社を巡りながら開作について学び先人の知恵に驚きました。

昼食後に共英リサイクル㈱で鉄スクラップの選別工場を見学後、共英製鋼㈱山口事業所に移動し工場内を見学しました。中でも、1500~1600度の電気炉で鉄スクラップを溶解して、成形する様子は大迫力でした。

リサイクルに力を入れている㈱晃栄では剪定木などを堆肥にしたり、使用済てんぷら油をリサイクルする話を聞かせていただきました。

最後に、トロアメゾンで人気の生シューロールの試食と冷たいコーヒーのふるまいがありました。

普段見る事ができない工場内部を見学し、リサイクル事業の実態を間近に実感することができました。また、歴史を物語る貴重な遺産を身近に感じ、とても充実した一日となりました。

当ツアーは、11月5日(月)にも予定していますので、ご興味がありましたらぜひご参加ください。

お問い合わせ:宇部市交通局 ☎0836-31-2442

月別アーカイブ