厚狭秋まつり

2012年11月11日、厚狭秋まつりが開催されました。
朝から小雨が降り、時折強い風も吹きましたが、駅前特設ステージではいろいろなステージショーが催されました。
よさこい寝太郎伝説をはじめ、キャラクターショーやミュージカル、ソルジェンティの夕焼けライブショーも行われました。
夕方には、なんと15万円相当の旅行券が当たる大福引大会もありました。
 
IMG_0157-1.JPG
 
 
午後からは、市の無形民俗文化財に指定されている古式行事が披露されました。大行司、小行司、乙姫行列からなる総勢100名の大行列です。写真の鴨橋は来年架け替えが予定されているため、古式行事の一行もこの橋の渡り納めとなります。ということで、今年は特別に鴨橋の上で大行司・小行司の独特の所作が披露されました。
IMG_0128-1.JPG   IMG_0130-1.JPG
 
 
小中学生で構成された小行司も、大人の大行司に負けない所作を披露していました。
姫かごにはとても可愛らしい乙姫様が乗られていました。その後には上臈、腰元が続きます。姫かごを担ぐのは地元の高校生です。
IMG_0134-1.JPG  IMG_0144-1.JPG
 
 
古式行事の一行は、最後に厚狭天満宮の神前に奉納し、終了となります。
夜には、裸坊が網代神輿を台車に乗せて厚狭駅前から商店街を威勢よく引き回し、厚狭天満宮に還幸となりました。
IMG_0151-1.JPG
 
厚狭秋まつりは、厚狭天満宮の天神祭りとして始まり、現在に受け継がれているとのことです。これからも ふるさとのまつりとして末永く続いてほしいものです。
 
 

月別アーカイブ