12/2(日)、観光協会の主催により「第4回ふるさとウォーキング」を開催しました。
時折小雨が降りましたが、市外からの参加者も含めて約40名が有帆地区を歩きました。
有帆公民館がスタート・ゴールです。ラジオ体操をして8時30分に出発しました。
エスコーターは、有帆をしっちょる会の安藤さんです。
CIMG9581-1.JPG  CIMG9593-1.JPG
 
 
最初の目的地、岩崎寺では、和尚様がお寺の由縁等を説明してくださいました。
特別に観音堂も見学させていただきました。木造千手観音菩薩立像など県指定文化財の七躯の仏像が収蔵されています。
七躯のうち三躯の秘仏は毎年2月18日のみご開帳されます。
CIMG9610-1.JPG  CIMG9611-1.JPG
 
 
どうかん屋敷跡、仁保の上古墳です。 安藤エスコーターの説明で理解が深まります。
CIMG9615-1.JPG  CIMG9628-1.JPG
 
 
途中の仁保の上自治会館で、地元の方によるお茶の接待がありました。暖かいおもてなしで身も心も温まります。
CIMG9621-1.JPG  CIMG9622-1.JPG
 
 
大休にある覚天寺では地元の方に説明をしていただきました。時間の関係で「十三仏の石像」はまたの機会に見学となりました。
帰りに、お土産のおせんべいをいただきました。ありがとうございます。
CIMG9632-1.JPG
 
 
続いて、別府八幡宮を訪問しました。神主様による説明をしていただきました。別府という名前の由来や藪椿の古木のこと、太いしめ縄のお話が印象に残りました。
また、お茶やお菓子もいただきました。ありがとうございました。
CIMG9638-1.JPG  CIMG9641-1.JPG
 
 
有帆一里塚、北向地蔵尊に立ち寄りました。なぜお地蔵様が北を向いているのかなど、安藤エスコーターの興味深い説明に耳を傾けます。写真は北向地蔵尊です。山陽自動車道のすぐそばにあります。
CIMG9643-1.JPG
 
 
続いて、熊野神社を訪問しました。座敷に上がらせていただき、神主様が説明をしてくださいました。
興味深いお話しを色々聞くことができましたが、時間の関係で最後まで聞くことができませんでした。
CIMG9646-1.JPG  CIMG9649-1.JPG
 
 
最後の目的地、疫神社に到着です。安藤エスコーターの説明で病気や疫病から人々を守ってくれる神様であることがわかりました。
CIMG9656-1.JPG  CIMG9655-1.JPG
 
 
12時過ぎに全員無事ゴールできました。ゴール後は元気のりのり汁とおむすびの振る舞いがありました。歩き疲れた体に元気が戻ります。公民館前で記念写真を撮りました。
CIMG9660-1.JPG
 
 
訪問先の方や安藤エスコーターの他、道中の安全確認や交通整理をしていただいた有帆校区ふるさとづくり推進協議会の方々、元気のりのり汁やおむすびを準備していただいた有帆校区食生活推進協議会の方々など、たくさんの方にご協力をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。
参加者の皆さんも、寒い中、また小雨が降る中、最後までお疲れ様でした。

月別アーカイブ