第9回は、自宅の庭に隠れ家的なランチレストラン「わくわく庵」をオープンされている三井啓子さんにお話を伺いました。
 
CIMG0130-1.JPG
 
観 
 
啓子さんは、市役所にお勤めだったそうですが、ご退職の後にどうしてわくわく庵を始めようと思われたのですか?
 
 
 
市民(啓子さん)
 
もともとは、洋服が好きなので洋服を扱うブティックをしたいと思っていました。でも友人に、「厚狭は田舎なのでブティックでは人が来ないよ。ちょっと食事ができるようなところはどう?」と言われました。それで、わくわく庵を始めました。お食事に来て頂いたお客さんが楽しめて自分も楽しめる、そういう場所にしたいと思いました。
 
CIMG0128-1.JPG
 

 
「わくわく庵」という名前の由来は何でしょうか?
 
市民(啓子さん)
 
ただ食事をするだけでなく、お客さん同士やお客さんと私がおしゃべりをして楽しめる場所になれば良いと思いました。それで最初は漢字で「話口話口」と付けようと思ったのですが、ひらがなの方が読みやすいので「わくわく」にしました。
 
CIMG7943-2.jpg
 

 
月替わりメニューとのことですが、どのようにメニューを考えておられますか?
 
市民(啓子さん)
 
女性目線で、女性に好まれそうなメニューにします。そのために、いろいろな所に試食に行ったり、自分たちが実際に作って食べたりして、スタッフ13人全員で決めます。使う食器も女性目線で考えます。 17品位あるのでスタッフの協力がないとできないですね。この前は、ほうれんそうの中にたくあんを入れたちょっと変わったメニューもありましたよ。メニューについて作り方などでお客さんとお話しすることもあって賑やかですよ。
 
CIMG0126-1.JPG
 

 
かなりマスコミの取材を受けられたと聞いていますが・・・。
 
市民(啓子さん)
 
そうですね、テレビ局では「熱血テレビ」や「人気もん」、「人生の楽園」も来られました。「人気もん」ではあの柳沢慎吾さんも来られました。「人生の楽園」は5日間も取材が続いて、家族全員できららビーチでの取材もありました。あとは、県内のラジオや新聞社などですね。テレビの影響はすごいです。放送を見られた千葉の方はもう2回も来られています。他にも、京都や静岡、長野や神奈川の方なども来られました。広島や九州の方も多いですね。県内では山口や防府の方が多いです。
 
CIMG0125-1.JPG
 

 
どんな時に喜びや楽しみを感じますか。また、今後の夢や目標はありますか。
 
市民(啓子さん)
 
多くのお客さんに来ていただき、色々な人や遠くの人とも交流できて、そしてそれが広がっていくのがうれしいですね。お客さんから手紙や絵はがきをもらったり、こちらからも手紙を送ったりして交流するのも楽しいです。また、スタッフに恵まれたことや、主人の協力など、自分の第3の人生でこのような経験をさせてもらっていることがとても幸せです。 自分としては、夢は今現在200%実現できていると思います。最高の人生を送っていると実感しています。
 
CIMG0129-1.JPG  CIMG0131-1.JPG
 
「どきどき耕房」で啓子さんをサポートするご主人の耕二さん。右の写真は離れの日よけを作っておられる様子です。耕二さんは、カーポートを離れのお店(上から2番目の写真)に改造したり、カウンターを作られるなど、啓子さんを全面的にサポートされています。
 

 
数か月先まで予約で一杯というお忙しい中、取材を受けていただきありがとうございました。啓子さんには終始笑顔でお話ししていただきました。ご主人の耕二さんやスタッフの皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、お客さんと一緒に自分も楽しんでおられるところがわくわく庵の人気の理由だと感じました。これからもご主人やスタッフの方と一緒に素敵なお店をづくりを楽しんでください。
 
 
 
楽食茶房わくわく庵
 
完全予約制
 
TEL 0836-72-0264
 
営業時間 12:00~14:00
 
休業日 土曜日・日曜日・祝祭日
 
住所  山陽小野田市大字厚狭170-3
 
 

 
yamanekonomesou.jpg
 
ヤマネコノメソウ(ユキノシタ科)
弥生3月までもうすぐですが、竜王山では一足先に春が目覚めてきました。もみじ谷の園路側にヤマネコノメソウが咲きました。意識して観ないと見過ごす花です。この花が咲き始めると他の山野草も芽を出し、つられて咲き始めます。名の由来は花後の種が猫の目に似ているからです。
 
ubayurinome.jpg
 
ウバユリ(ユリ科)
竜王山のもみじ谷ではウバユリの新芽が出て来ました。もみじ谷は県下最大の群生地です。日毎に芽立ちが増えています。3月になりますと群生地の緑が眩しいほどになります。花は7月下旬が見頃です。もみじ谷で春の訪れを感じては如何でしょうか?

springlive.jpg
4月21日(日)に、厚狭球場でスプリングライブ2013(SPRINGLIVE2013)が開催されます。このコンサートは、山陽商工会議所青年部が街の活性化を趣旨として企画されました。
出演者は、オリンピックゴールドメダリスト北島康介と婚約中の千紗がボーカルを務める『girl next door』や、『MilkyBunny』こと益若つばさ、地元出身の『SORGENTI』など豪華アーティストが予定されています。
チケットは、YEGチケット販売店、またはYEG関係者から購入すると500円引きの、1枚4500円(税込)です。通常価格は5000円です。  ※YEG:商工会議所青年部
 
市内でも珍しい大規模な野外コンサートです。お早めにチケットを購入され、春の1日を音楽でお楽しみください。
お問い合わせ 0836-39-6523
E-Mail    splv2013@sanyo-yeg.net
URL      http://www.sanyo-yeg.net/splv2013/

 
CIMG7382-1.JPG
平成25年3月3日(日)~3月17日(日)の15日間、厚狭商店街各所で開催されます。
今年も、趣向を凝らした展示やさまざまなイベントが開催されます。
早春の厚狭の街をのんびりと散策されてみてはどうでしょうか。
 
【場所】厚狭商店街各所 10:00~16:00 最終日のみ15:00まで
【期間中の主なイベント】
永山酒造蔵開き 3/16(土)  ※11:00から酒粕袋詰放題が行われます。
流し雛 3/9(土)・3/16(土)
青空レストラン 3/9(土)・3/16(土)
フリーマーケット、軽トラ市 3/16(土)
抹茶茶会 3/9(土)・3/16(土)
振袖道中 3/9(土)・3/16(土)
ありがとう鴨橋写真展 3/9(土)~3/16(土)
 
おひなさまめぐりチラシ.pdf
 
 

2月17日(日)、山陽小野田語り部の会の現地ガイド研修が行われました。
今回で、2回目の研修となり、小野田セメント、旦の皿山、有帆地区、高泊開作を
中心に現地学習してきました。
CIMG9992-1.JPG
 
イラストレーター來嶋さんは、かわいらしいイラストをスケッチブックに描いて
おもしろ分かりやすく、前原一誠について説明をされていました。
こういった工夫を凝らしてのガイド案内は、印象に残りますね。
 
CIMG0002-1.JPG
 
たくさんの観光地や史跡を一日かけて回り、ガイドブックに書いていないことや、
おもしろ話まで・・・知識を共有し合いました。
CIMG0020-1.JPG
 
山陽小野田市に来られた方々に、行き届いたおもてなしができるよう今後も努めて参ります。
 
☆ガイドのご依頼は☆
【山陽小野田語り部の会】 
電話:090-6839-6786
※ガイド料は有料となります。詳しくは、上記連絡先までお問い合わせください。(※要予約:3日前)
 
 

 
CIMG0022-1.JPG
 
大同元年(806年)に開創された岩崎寺内には木造千手観音菩薩立像や阿弥陀如来坐像を
はじめ平安時代中期~鎌倉時代初期のすばらしい仏像が安置されています。
本日、それら7躯の仏像が一般公開されています。16時までの公開となりますので、
ご覧になられる方はお早めに!!
 
CIMG0038-1.JPG
 
このように、観音菩薩像の横に、如来像が並ぶというのはここ岩崎寺でしかご覧頂けないということで
大変貴重な所蔵品です。
 
CIMG0040-1.JPG
 
本堂では、おいしいおぜんざいのふるまいもご用意されています。
雨降る中のご拝観とはなりますが、お越しの際はお気をつけてお越し下さい。
 
【岩崎寺】
山陽小野田市有帆角石 
電話:0836-83-3414
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

百万遍念仏

 
CIMG9943-1.JPG
 
2月16日(土)、有帆片山地区に江戸時代末期から約150年にわたり伝わっている
『百万遍念仏』が営まれました。
地域住民約40人が、長さ10メートル、大小333個の玉からなる大数珠を操り、無病息災、
家内安全、五穀豊穣を祈願されていました。
この行事は、江戸時代末期、地域を襲った疫病と大火の厄払いに由来し、戦前戦後を通じ
一度も欠かすことなく受け継がれてきたそうです。
 
CIMG9966-1JPG.JPG
 
どんな法要が行われたかと言いますと・・・
岩崎寺の東堂(前住職)さんが、読経を読み始め、真ん中で子供たちがお経のリズムに
合わせて太鼓を叩きます。
そして、その太鼓のリズムに合わせて大数珠を左まわりに回していきます。大数珠は、
大小様々な大きさがありますが、自分の所に大きな数珠の玉が回って来た時に、
お願い事をするそうです。
読経が読まれる間、”百万回”お願い事をすることからその名がつけられたそうです。
 
CIMG9972-1.JPG
 
地域の方々でひとつの輪となり、そこにはたくさんの”笑顔”があふれていました。
有帆片山地区に伝わるこの行事は、地域の人々の”顔”と”顔”をつなぐ、地域の交流においても
とても大切な伝統行事であると感じました。
 
CIMG9988-1.JPG
 
法要後は、こちらのお赤飯や白和えの精進料理を囲まれ、ふれあいのひと時を過ごされました。
 
 
 

DSC02464-1.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高泊地区にある縄地ヶ鼻公園は、大地が創り出した貴重な岩礁や、その豊かな自然環境を形成する植物の保護と保全を基本理念に整備されました。水仙や椿などの植栽のほか、芝生広場や岩礁の広場、バーベキュー施設などが設置され、散策や野外レクリエーションなど一年中楽しむことができます。
園内には、約2万本の水仙が植えられており、これからの季節、白と黄色のコントラストの愛らしい花を咲かせます。この水仙を題材とした毎年恒例の「水仙まつり」が3月2日(土)に開催される予定で、事前に募集された俳句の表彰や音楽演奏、もちつき、バザーなど様々なイベントが開催されます。
水仙は別名「雪中花」とも呼ばれ、春を告げる花とも言われています。ニホンスイセンなど、早いものは2月頃から咲きはじめ、4月上旬頃まで楽しめます。まだしばらくは寒い日が続きますが、天気が良い日には、春を告げる水仙の花を眺めながら縄地ヶ鼻公園を散策してみませんか。

DSC02563-1.JPG DSC02536-1.JPG

 

凧あげを通じ、参加者相互の連帯をもとに友好とふれあいを深め、「21世紀に自活できるたくましい山口県の創造」を目指し、併せて伝統文化を継承することを目的としています。

凧あげ競技は、子どもの部、一般の部、大凧・連凧の部に分かれて行われます。また、凧づくり教室や各種バザーも開催されます。見島の「鬼ようず」など県内各地の伝統凧も見ることができます。

 

【日時】3月3日(日)

【場所】きららビーチ焼野 ※荒天時は中止

☆イベント詳細は、こちら(チラシ)をご覧ください。

DSC02464-1.JPG DSC02685-1.JPG
 
春の訪れを告げる水仙の鑑賞や植栽、餅まきなどのイベントが開催されます。
 
【日時】3月2日(土) 10時~13時 (開会式10:00)
【場所】縄地ヶ鼻公園 芝生広場 (山陽小野田市大字西高泊字縄地1646番)
【イベント内容】竹楽器の演奏、水仙の植栽、俳句の表彰式、バザー、餅まき
 

月別アーカイブ