新緑が眩しい季節になりました。
竜王山の花たちも随分賑やかに
なってきました。5月中旬ごろまでは
竜王山の山野草が最も輝く時といえましょう。
さあ!竜王山に出かけましょう。
 
見ごろの花情報です。
26ウマノアシガタHP用.jpg
ウマノアシガタ(キンポウゲ科)
金色の花がアスレチック付近に大群落で
見られます。この花びらを上から見ると
江戸時代の馬わらじに似ているところから
この名がつきました。5月10日頃まで楽し
めるでしょう。
26コバノタツナミHP用.jpg
コバノタツナミ(シソ科)
名は崩れれ落ちる波に見立てたものです。
竜王山ではいたる所に咲きますが、 キャンプ
場横の頂上に至る道路の右斜面の群落は
圧巻です。ここは朝日が当たらないので開花が
たの場所より遅れます。2部咲きでしょうか。
今年は5月10日ごろが見ごろでしょう。
 
その他ホタルカズラ、コウゾリナ、ルリハコベ、
ノアザミ、フデリンドウなどなど枚挙にいとまが
ありません。竜王山においでませ。

江汐公園に5万本自生している薄紫色の「コバノミツバツツジ」が満開になりました。4月20日(日)は、江汐公園つつじまつりが開催されます。また、濃赤色のキリシマツツジやヒラドツツジはこれから見ごろを迎え、公園のツツジは5月まで楽しむことができます。
つつじサイズ変更.jpg

竜王山公園オートキャンプ場入り口手前に、子育て子授けのご利益スポット「子持御前」があります。「子の欲しい人は底のある袋」「子のいらない人は底のない袋」を自分の年の数ほど供え、願をかけると思い通りになると言い伝えられています。4月19日は9:00~16:00の間、萬福寺住職が現地で祈願してくださいます。
子持御前まつり.JPG

月別アーカイブ