8月の市内のイベント情報のお知らせです。

七夕花火.JPG
 ■おのだ七夕花火■(終了しました)
  迫力ある花火にあわせて華やかなレーザー光線と音楽がコラボレーションした
 「レーザー花火ショー」が夏の夜空を彩ります。
 日 時  8月7日(金)雨天時は8月8日(土)に延期
       バザー開始:18時~  花火開始:20時30分~
 会 場  山口県立おのだサッカー交流公園 ※サッカー場内での飲食は不可。
 問合せ  小野田商工会議所  TEL 84-4111
 
  やまぐちどこでも紙芝居.jpg
  ■山口どこでも紙芝居 スタンプラリー■
  7月~11月の間、山口県内各地域で趣向を凝らした紙芝居を上演します。

  山陽小野田市内では、山陽小野田語り部の会の皆さんにより、第4日曜日にきらら交流館で
 第4日曜日の前日に竜王山公園オートキャンプ場で上演されます。
  期間中は、すてきな賞品が当たるスタンプラリーも実施します。
  昔なつかしい紙芝居のあたたかい雰囲気をお楽しみください。
 <山陽小野田市内での実施予定>
 
 期 日  日曜日 きらら交流館 8/30 9/27 10/25 11/29
       土曜日 竜王山公園オートキャンプ場 8/29 9/26 10/24 11/28 
 時 間 13:00~ きらら交流館
     19:00~ 竜王山公園オートキャンプ場
 演 目 「竜王山アサギマダラのマー君」
       「ボウボラじいさん」
       「ヒメボタル竜太」ほか

 詳しくはこちら→山口どこでも紙芝居スタンプラリー(山口県観光連盟ホームページ)

 

 

若山ゴルフクラブ tori.jpg

【アクセス】小野田ICから車で約20分
 日本の近代化を支えた石炭産業。本市も昭和中期ごろまで、数多くの炭鉱を有していました。
 三方が海に面した若山ゴルフクラブは、その炭鉱の史跡ともいえるゴルフ場です。昭和30年に出炭を開始した若山炭鉱梶鉱業所は、海底炭田から石炭を掘るときに出る余分な坑内廃土(通称ボタ)を坑口近くの浅瀬に積み上げていきました。ボタを積み上げるうち、昭和39年にボタと陸続きになり、半島を形成するまでになりました。この約10万坪のボタ半島が、昭和44年11月の炭鉱閉鎖後、洋芝の種まきから始まり約6年の歳月を費やし、若山ゴルフクラブに生まれ変わりました。
 当初は、会社内の同好会のためのゴルフ場でしたが、ゴルフブームの到来とともに、一般に開放されることになりました。近くには、炭鉱付属若山幼稚園の建物も残っており、賑やかだったころの面影が感じられます。

小野田高校トリミング.jpg
【アクセス】 JR小野田駅から徒歩10分
 
 元治元年(1864年)に厚狭郡郡村の厚狭毛利家側医粟屋行蔵の嫡子として生まれた活輔は、幼少のころに厚狭毛利家12代毛利英之輔の御おとぎ陪伴(遊び相手)を務めていたことから、10代元美の夫人で女子教育の先駆者である毛利勅子からも可愛がられて育ちます。東京大学医学部予科を病気で中退。明治17年(1884年)4月に東下津の自宅にある書斎で私塾「如不及堂」を開き、教育者の道を進みます。塾はのちに念願の中等教育機関へ発展を遂げ、明治36年(1903年)に現在地への移転と同時に「長門興風学校」となり、さらに明治39年(1906年)に5年制の「私学興風中学校」へ移行します。この中学校の初代校長を活輔が務め、改編を繰り返しながら、現在の県立小野田高等学校になりました。学校の正門階段を上ると、正面に活輔の立派な頌徳碑があり、教育に情熱を注ぎ私財を投じて学校を運営した活輔は、旧厚狭郡の文教の父として今もなお慕われています。

  ウバユリ 27 tori.jpg

 梅雨明けこの頃になりました。

竜王山のもみじ谷一帯でウバユリの大群落が見ごろと

なりました。

 ウバユリ(姥百合)はユリ科の多年草です。

高さが50~100cm。名前は花が咲く頃、葉が枯れるので

歯のない姥に見立てたものです。

 もみじ谷は数千個体咲き、百年の森でも見事に咲いています。

 芳香に誘われて、ぜひ訪ねてみて下さい。

  安全祈願祭.jpg
 平成27年7月15(水)本格的な海水浴シーズンを前に、きららビーチ焼野海開き安全祈願祭を
赤崎神社で行いました。
 祈願祭では、海水浴客等の安心安全と海難事故の防止を祈願しました。
 その後きららビーチ焼野に移動し、お神酒とお塩を波打ち際にまき、現地で祈願を行いました。
 7月19日(日)の海開きの日には、恒例の「やけの美夕フェスタ」がきららビーチ焼野で開催されますので、
海辺のイベントを思う存分楽しんでください。
 

【7月のイベント情報】
 7月の市内のイベント情報のお知らせです。

  IMG_1680.JPG

 ■やけの美夕フェスタ2015■
  ステージイベント、宝探し、長靴とばし大会、ビーチバレーボール
 大会など楽しい催しが盛り沢山です。
  日時:7月19日(日)9時~16時
  場所:きららビーチ焼野


 中通りDSC_0147.jpg

 ■ちょうちん七夕フェスティバル■
 ちょうちんのあたたかな灯の中で、マーチングバンド、バンド演奏、
ちんどん屋、各種バザーなどの催しがあります。
 日時:7月25日(土)18時~21時 ※雨天中止 
 場所:小野田駅前

 厚狭花火大会.jpg

 ■厚狭花火大会■
 約3000発の花火が打ち上げられます!花火は、目の前で打ちあがる迫力ある姿と、厚狭川に映る優雅な姿を楽しんでいただけます。
 日時:7月25日(土)20時~ ※荒天時は26日(日)に順延
 場所:厚狭川河畔

アサギマダラ トリミング.jpg
 6月23日(火)に竜王山で行われたアサギマダラおいでませ作戦が
厚狭地区でも開催されます。ぜひ、おいでませ作戦にご参加されて、
山陽小野田市にたくさんアサギマダラを呼び込んでみられてはいかがでしょうか。
なお、植え付け苗は2000本の予定です。
日時 : 7月10日(金) 13:00~
       11日(土)  9:00~
集合場所 : 妙徳寺山古墳
準備物 : 移植ゴテなど持参
申込み :不要
アサギマダラが好むサワヒヨドリやサケバヒヨドリの苗を植えつけます。

ハマボウ 平成27年 tori.jpg


 7月に入り、JR山陽本線有帆川鉄橋下付近に、黄色のハマボウ(アオイ科)が咲き始めました。

 日本のハイビスカスとも呼ばれオクラの花によく似ています。花の直径は7cm前後。花弁がスクリューの

ようになっています。一日花で翌朝にはオレンジ色に変化ししぼんで

しまいますので、朝は2色で見られます。

 山口県のレッドデータブックに絶滅危惧Ⅱ類になっています。

 山陽小野田市のお宝です。ご覧になられてはいかがでしょうか。

 コオニユリ 平成27年 tori.jpg

 竜王山にコオニユリ(ユリ科)が咲いています。

夏の青空に真っ赤な色がお似合いとなります。

 様々なところで咲いていますが、頂上広場約100m

手前の道路下の群落が見事です。

 今年はここに通じるロープに導かれる観察路が設置されました。

 その他モリアザミの群生地でも見られます。

 コオニユリが終わる頃、もみじ谷のウバユリの大群落が主役となります。

9月18日(金)から4日間をかけ、ゴルフコンペが開催されます。 

ゴルフへの愛情なら誰にも負けないという貴方、ご参加してみられてはいかがでしょうか?
お問合せは、山陽小野田市ゴルフ協会(TEL:0836-73-2525)まで
詳しくはこちらから→山陽小野田市ゴルフ協会
ゴルフ2.jpg

月別アーカイブ