93 厚狭川

103厚狭川.JPG

 厚狭川は、美祢市於福の大ヶ峠にその源を発し、伊佐川・麦川川・原川・随光川と大小の支流を集め
ながら、美祢市を南流し、山陽小野田市の吉部田沖で瀬戸内海に注ぐ流域面積245・6平方キロメートル、
流路延長約43・9キロメートル、県下第5位の2級河川です。また、川筋には山瀬・祖父ヶ瀬・祖母ヶ瀬・
絹(杵)ヶ瀬・松ヶ瀬・柳瀬・広瀬の七つの瀬があることから、別名「七瀬川」とも呼ばれています。
 厚狭川には、今も語り継がれる民話「三年寝太郎」の中で寝太郎が作ったとされる「寝太郎堰」が
あります。現在の堰は、昭和38年(1963年)に完成し、ここから厚狭盆地に灌漑用水を導入してい
ます。平成18年(2006年)1月には疎水百選に選ばれました。
 厚狭川河口は海鳥や水辺の野鳥の宝庫で、種類・数ともに県下有数の飛来地となっており、特に冬
はバードウォッチングに最適です。
 わたしたちの厚狭川。これからも、ふるさとの川をいつまでも大切にしましょう。