別名ジイソブ。

根が朝鮮人参に似ており、朝鮮人参の偽物として出まわったことがある。

竜王山では中腹の旧トイレ裏辺りに多く見られる。

花冠は3cm前後。内部は褐色で柱頭など美しい。

蔓性で支柱を施さないと綺麗に見れないことがある。

「種」を、カラスが食べるゴマに例えたものという。

初秋になると可愛い花が竜王山頂上の手前、

ヘアピンカーブ手前斜面の所にだけ現れる。

花の直径が1.5cm前後で黄色の花を咲かせる。

分布は本州、四国、九州。

別目「ハンゲ」。ハンゲは半夏の漢方での呼び名。仏炎苞を柄杓に似立てた。

竜王山の園路の脇で数ヵ所見れる多年草。花茎の高さは20~30cm。

花序の付属体は、仏炎苞の先に糸状に延びている。ムサシアブミと同様である。

花と茎は葉と同じ緑色でよく見ないと見落とすことがある。

発見の喜びがある。

月別アーカイブ