江戸時代の「大和本草」などにこの名が記載された。

煎じて飲むと下痢がぴたりと止まるという。

この事例をもとに「現の証拠」の名がついた。

緑の草地に赤紫色の1.5cm花が良く目立っている。

月別アーカイブ