1 旦の瓶垣 2007年8月

旦の瓶垣.pngのサムネール画像

 

 

 

 

 【アクセス】 JR目出駅から徒歩で30分

 

        ※駐車場はありません

 

   

      

 

  

旦の皿山は、昭和20年代まで、硫酸瓶の製造などを中心に小野田の有力な地場産業であった窯業を支え栄えてきました。現在では、わずかに1社のみが操業し、皿山の命脈を保っていますが、今でも当時の繁栄を物語る風景は、町並みの所々に残っています。硫酸瓶を石垣のように積み上げたこの「瓶垣」もそのひとつ。焼きキズのある硫酸瓶を活用し、その強度を利用して築かれた「瓶垣」は、硫酸瓶であふれたかつての皿山のにぎわいを今に伝えています。

記事一覧

アーカイブ