32 木戸本川 2010年3月

木戸本川.png

 

 

 

 【アクセス】 木戸バス停から徒歩で3分

 

 

 

 

 

山陽小野田市の南部、木戸集落の中央部に「本川の井戸」と呼ばれる井戸があります。この井戸は、昭和初期頃まで、木戸150戸余りの共同井戸として、生活用水を供給していました。

また、この井戸水は炭酸性を含み、長持ちすると評判が良かったので、当時、神戸、大阪などに向う機帆船は、この水を積み込み小野田港を出航して行きました。

この井戸は、今も清水を湛えています。上水道が普及したため、生活用水としては使用されていませんが、のぞき見ると金魚が泳ぎ、水の清らかさをうかがい知ることができます。

記事一覧

アーカイブ