33 関門海峡に沈む夕日 2010年4月

関門海峡に沈む夕日.png

 

 

 

【アクセス】 津布田バス停からすぐ

 

 

 

 

 

 

 山陽地区の津布田海岸から眺める夕日は、1年に2度、関門海峡に沈みます。1回目は、11月20日頃で、もう1回は、1月20日頃です。つまり、11月中旬から冬至を挟んで約2か月間、ここから眺める夕日は、九州地区に沈むということになります。あたかも、夕日がこの間、九州の恋人に会いに行き、そしてまた本州に帰って行くかのようです。

そのようなロマンスに浸りながら夕日を眺めることも、趣が違ってなかなか良いものです。

山陽小野田市は、いろいろな場所からとても美しい夕日を眺めることができます。新しいスポットがあれば、観光協会(0836-82-1313)までぜひお知らせください。

 

記事一覧

アーカイブ