38 長光寺山古墳出土品 2010年9月

長光寺山古墳.出土品.png

 

 

 

 

 

アクセス】 JR厚狭駅から徒歩で7

 

 

 

 

 

長光寺山古墳は、厚狭川と大正川の合流点にかかる下津橋の西方にあり、明治14年に発見されました。古墳後円部の二つの石室内外から採集された貴重な遺物が、厚狭図書館の郷土資料館に保管されています。写真上部の「ぼう製三角縁神獣鏡」3面は、背面に中国の思想に基づく神像と竜・双魚・蛙などが表され、外縁が三角形をしていることから、この名があります。鏡本来の化粧道具としてではなく、祭事的な用具として使われていたようです。はるか昔に、山陽小野田で暮らした先人たちの遺したものをご観になられてはいかがでしょうか。 

 なお、詳しい説明を希望される人は、事前に厚狭図書館(☎72-0323)までご連絡ください。

  

記事一覧

アーカイブ