41 古開作溜池と厳嶋神社 2010年12月

古開作溜池と厳嶋神社.png

 

 

 

 

  【アクセス】 厚陽小学校前バス停からすぐ

 

 

 

 

 

 

 

厚陽小学校前に豊かに広がる古開作溜池は、梶浦開作の灌漑用水池として造られました。

梶浦開作は、厚狭毛利氏による開作事業として、第10代毛利元美の代に着手されました。工事は、天保6年(1835年)10月9日の鍬初めから古開作の潮止めまで約12年、沖開作の潮止めまで約21年の歳月を要しようやく完成しました。

溜池の中島にある厳嶋神社のご神体は、梶浦開作の鍬初めのとき三鍬目に掘ったかき殻の付いた油石であると伝えられています。遷座を数度繰り返し、現在の場所には、明治17年に安置されました。開作の安全を祈る鎮守の神社は、地元の人々から慕われ大切にされています。

 

記事一覧

アーカイブ