45 若山公園 2011年4月

 

桜03hp.jpg

 

 

 

 

 

 【アクセス】 丸河内バス停より徒歩3分

 

 

   

  

 

 

 

春になると、公園全体がピンク色に染まる若山公園は、明治14年に、日本で初めての民間セメント会社を小野田新開作に設立した笠井順八翁の私庭でした。昭和9年順八翁生誕100年記念に、当時の小野田セメント製造会社社長で二男の笠井真三氏が小野田町へ寄付されました。公園中央には翁の本市発展の功労を讃えた(しょう)(とく)碑が建立されています。碑の側には、セメント会社創業当時に使っていたセメントを粉砕する大きな石臼が置いてあります。

これから桜が満開を迎える公園は、日ごろの喧騒(けんそう)を忘れられる別世界のようで、市民の憩いの場となっています。この時期には、「さくらまつり」が毎年開催されています。

記事一覧

アーカイブ