60 石山公園 2012年7月

ishiyamakouen.jpg 

 

 

 

【アクセス】

国道2号線埴生交差点から福田方面に車で10分

 

 

 

 

 

山陽小野田市の埴生地区に位置する石山公園は、標高220m~240mの丘陵地にあります。面積は3.69ヘクタールで、山頂の展望台には望遠鏡も設置してあり、埴生・厚狭の街並みや周防灘・関門橋、九州北部が一望できる絶好の展望地です。また、ハイキングに利用されたり、初日の出登山が行われたりと、多くの方に親しまれています。
その歴史は『山陽史話一』によれば、今から約500年もの昔、石山に「龍福寺または石山寺」という天台宗の大寺があり、大内義隆の祈願所で500を数える末寺、末坊があり隆盛を極めたそうです。しかし、16世紀の半ば、大内氏が滅んで、たちまち寺運が傾き、その上盗賊におそわれて、累代の寺宝、財物をことごとく奪い去られ、ついには廃滅して石山からその姿を消したということです。
 現在、石山公園へは福田地区の入り口から自動車で登れますが、急カーブが多く道幅が狭いところがありますので、自動車で登る際には十分お気を付けください。

記事一覧

アーカイブ