83 竜王山の桜 2015年3月

竜王山 さくら.jpg





 【アクセス】船鉄バス「きらら交流館前」停留所から
       徒歩約20分
       小野田ICから車で約20分



 

 県内有数の桜の名所として知られる竜王山は、春になると山全体がピンク色に染まります。
 そのきっかけを作ったのが、木戸で質屋を営んでいた酒井常松です。常松は「こうして生活できるのも社会のおかげ、何か世のため人のためになることをしよう」と考え、昭和3年(1928年)、山頂に大日如来像と抱山擁水の碑を建て、桜10本を植えました。
 これを契機に地元に桜奉賛会が発足し、毎年植え足していくうち、平成16年(2004年)にはついに1万本に達しました。
 今年も花見シーズンに合わせて、3月21日㈷から4月12日㈰まで山頂付近の桜をライトアップします。また、恒例の竜王山さくらまつりが4月5日㈰に開催されます。桜とともに貴重な山野草も楽しめる竜王山で、さわやかな春の息吹を感じてみませんか。

記事一覧

アーカイブ