2010年12月アーカイブ

来嶋又兵衛

PC180018.jpg

12月18日(土)山陽小野田市中央図書館で、紙芝居で山陽小野田市を発信する会が新作「古武士来嶋又兵衛」(さむらい きじままたべえ)を上演発表しました。紙芝居は山陽小野田市高須で生まれ、蛤御門の変で壮絶な死を迎えた来嶋又兵衛の力強い生涯が紹介されました。

また、その後 英傑:来嶋又兵衛と題して、毛利博物館館長 小山良昌氏の歴史講演会が行われました。紙芝居・講演会の会場にはたくさんの方が来場され、来嶋又兵衛の人気を伺わせました。

受注型産業観光体験ツアー

PC140027.jpg

12月14日(火)山陽小野田市内の高校生が産業観光の中でも一番人気の「セメントの道」を体験しました。まず、宇部セメント工場にてセメント製造の見学をし、リサイクルを活用した製造方法に興味津々でした。次に普段通ることのできない宇部興産専用道路を通り途中の大橋では、山陽小野田市の臨界企業を間近に見ることができ、宇部興産の大きさを感じました。また、UBE‐i‐Plazaでは、宇部興産グループ製造の身近な製品から宇宙開発分野の製品まで展示してあり時間を忘れ見学していました。午後からは美祢の伊佐セメント工場に行き工場と鉱山を見学し、機械の大きさや、鉱山の大きさにびっくりしていました。今年の産業観光は終了いたしましたが、来年に向けてすでに動き始めています。みなさんどうぞ新年度の産業観光をご利用してください。

hp須恵運動公園.jpg

まち再発見 第2回さんようおのだふるさとウォーキングを11月28日(日)に開催しました。須惠校区の見どころを散策するコースで、冷たい風が吹くなか須惠公民館を出発し、日頃入館出来ない洋風ブロック建築の「山手倶楽部」では、豪華な室内を見学させていただきました。また住吉神社では、モミジの赤いじゅうたんが敷き詰められ、歩くたびにサクサクと足音がしていました。

約4キロのウォーキングを楽しんだ後には、あったかい豚汁とおむすびの接待を受けましたが、冷えた体にまた元気がわいてくるような美味しさでした。