2013年2月アーカイブ

springlive.jpg 

4月21日(日)に、厚狭球場でスプリングライブ2013(SPRINGLIVE2013)が開催されます。このコンサートは、山陽商工会議所青年部が街の活性化を趣旨として企画されました。
 
出演者は、オリンピックゴールドメダリスト北島康介と婚約中の千紗がボーカルを務める『girl next door』や、『MilkyBunny』こと益若つばさ、地元出身の『SORGENTI』など豪華アーティストが予定されています。
 
チケットは、YEGチケット販売店、またはYEG関係者から購入すると500円引きの、1枚4500円(税込)です。通常価格は5000円です。  ※YEG:商工会議所青年部

 

市内でも珍しい大規模な野外コンサートです。お早めにチケットを購入され、春の1日を音楽でお楽しみください。


お問い合わせ 0836-39-6523
E-Mail    splv2013@sanyo-yeg.net
URL      http://www.sanyo-yeg.net/splv2013/

 

CIMG7382-1.JPG

平成25年3月3日(日)~3月17日(日)の15日間、厚狭商店街各所で開催されます。

今年も、趣向を凝らした展示やさまざまなイベントが開催されます。

早春の厚狭の街をのんびりと散策されてみてはどうでしょうか。

 

【場所】厚狭商店街各所 10:00~16:00 最終日のみ15:00まで

【期間中の主なイベント】

 永山酒造蔵開き 3/16(土)  ※11:00から酒粕袋詰放題が行われます。

 流し雛 3/9(土)・3/16(土)

 青空レストラン 3/9(土)・3/16(土) 

 フリーマーケット、軽トラ市 3/16(土) 

 抹茶茶会 3/9(土)・3/16(土)

 振袖道中 3/9(土)・3/16(土)

 ありがとう鴨橋写真展 3/9(土)~3/16(土)

 

おひなさまめぐりチラシ.pdf

 

 

2月17日(日)、山陽小野田語り部の会の現地ガイド研修が行われました。

今回で、2回目の研修となり、小野田セメント、旦の皿山、有帆地区、高泊開作を

中心に現地学習してきました。

CIMG9992-1.JPG

 

イラストレーター來嶋さんは、かわいらしいイラストをスケッチブックに描いて

おもしろ分かりやすく、前原一誠について説明をされていました。

こういった工夫を凝らしてのガイド案内は、印象に残りますね。

 

CIMG0002-1.JPG

 

たくさんの観光地や史跡を一日かけて回り、ガイドブックに書いていないことや、

おもしろ話まで・・・知識を共有し合いました。

CIMG0020-1.JPG

 

山陽小野田市に来られた方々に、行き届いたおもてなしができるよう今後も努めて参ります。

 

☆ガイドのご依頼は☆

【山陽小野田語り部の会】 

電話:090-6839-6786

※ガイド料は有料となります。詳しくは、上記連絡先までお問い合わせください。(※要予約:3日前)

 

 

 

CIMG0022-1.JPG

 

大同元年(806年)に開創された岩崎寺内には木造千手観音菩薩立像や阿弥陀如来坐像を

はじめ平安時代中期~鎌倉時代初期のすばらしい仏像が安置されています。

本日、それら7躯の仏像が一般公開されています。16時までの公開となりますので、

ご覧になられる方はお早めに!!

 

CIMG0038-1.JPG

 

このように、観音菩薩像の横に、如来像が並ぶというのはここ岩崎寺でしかご覧頂けないということで

大変貴重な所蔵品です。

 

CIMG0040-1.JPG

 

本堂では、おいしいおぜんざいのふるまいもご用意されています。

雨降る中のご拝観とはなりますが、お越しの際はお気をつけてお越し下さい。

 

【岩崎寺】

山陽小野田市有帆角石 

電話:0836-83-3414

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百万遍念仏

 

CIMG9943-1.JPG

 

2月16日(土)、有帆片山地区に江戸時代末期から約150年にわたり伝わっている

『百万遍念仏』が営まれました。

地域住民約40人が、長さ10メートル、大小333個の玉からなる大数珠を操り、無病息災、

家内安全、五穀豊穣を祈願されていました。

この行事は、江戸時代末期、地域を襲った疫病と大火の厄払いに由来し、戦前戦後を通じ

一度も欠かすことなく受け継がれてきたそうです。

 

CIMG9966-1JPG.JPG

 

どんな法要が行われたかと言いますと・・・

岩崎寺の東堂(前住職)さんが、読経を読み始め、真ん中で子供たちがお経のリズムに

合わせて太鼓を叩きます。

そして、その太鼓のリズムに合わせて大数珠を左まわりに回していきます。大数珠は、

大小様々な大きさがありますが、自分の所に大きな数珠の玉が回って来た時に、

お願い事をするそうです。

読経が読まれる間、"百万回"お願い事をすることからその名がつけられたそうです。

 

CIMG9972-1.JPG

 

地域の方々でひとつの輪となり、そこにはたくさんの"笑顔"があふれていました。

有帆片山地区に伝わるこの行事は、地域の人々の"顔"と"顔"をつなぐ、地域の交流においても

とても大切な伝統行事であると感じました。

 

CIMG9988-1.JPG

 

法要後は、こちらのお赤飯や白和えの精進料理を囲まれ、ふれあいのひと時を過ごされました。

 

 

 

DSC02563-1.JPG DSC02536-1.JPG

 

凧あげを通じ、参加者相互の連帯をもとに友好とふれあいを深め、「21世紀に自活できるたくましい山口県の創造」を目指し、併せて伝統文化を継承することを目的としています。

凧あげ競技は、子どもの部、一般の部、大凧・連凧の部に分かれて行われます。また、凧づくり教室や各種バザーも開催されます。見島の「鬼ようず」など県内各地の伝統凧も見ることができます。

 

【日時】3月3日(日)

【場所】きららビーチ焼野 ※荒天時は中止

☆イベント詳細は、こちら(チラシ)をご覧ください。

DSC02464-1.JPG DSC02685-1.JPG

 

春の訪れを告げる水仙の鑑賞や植栽、餅まきなどのイベントが開催されます。

 

【日時】3月2日(土) 10時~13時 (開会式10:00)

【場所】縄地ヶ鼻公園 芝生広場 (山陽小野田市大字西高泊字縄地1646番)

【イベント内容】竹楽器の演奏、水仙の植栽、俳句の表彰式、バザー、餅まき

 

DSC05559-1.JPG

 

片山地区に江戸時代末期から約150年にわたり伝わっている百万遍念仏が、原田宏一様宅で営まれます。

地区住民約40人が、長さ10メートル、大小333個の玉からなる大数珠を操り、無病息災、家内安全、五穀豊穣を祈願します。

この行事は、江戸時代末期、地域を襲った疫病と大火の厄払いに由来し、戦前戦後を通じ一度も欠かすことなく受け継がれています。

 

【日時】2月16日(土) 10時30分開始

【場所】山陽小野田市有帆片山 原田宏一様宅

【主催者】片山自治会 代表 高橋茂 (電話0836-84-0052)

【当屋】原田宏一様

【読経】岩崎寺 住職 河口徳明

【駐車場】当屋の原田様宅前及び近辺に駐車場が設けられるようです。