2011年3月アーカイブ

ナガバタチツボスミレhp.jpg

ナガバタチツボスミレ(スミレ科スミレ属)

 

ナガバタチツボスミレは明るい森林や、やや湿った谷沿いの林縁に生育しています。

花は3月の終わり頃から5月頃まで楽しめ、竜王山のあちらこちらで春風にゆれて

愛嬌をふりまいています。

アマナが咲きました。

アマナ3.jpg

アマナ(ユリ科・アマナ属)

 

竜王山に春の使者アマナが咲きました。

アマナは10㎝から15㎝位の高さで見た目がチューリップに似ています。

竜王山のアマナはまとまって咲くところに特徴があり、

アマナに太陽が当たる11時ごろからが見ごろになります。

咲いている場所は、百年の森入口から50mほど上がった左右の斜面に咲いています。

hp ヤマネコノメソウ.jpg

ヤマネコノメソウ(ユキノシタ科・ネコノメソウ属)

 

竜王山もみじ谷にヤマネコノメソウが咲いていました。

花周辺の色がネコの目のように変化し、花後の種が

ネコの瞳孔に似ることからこの名がついたものです。

草丈10~20センチほどでやや湿った所に生えます。