2011年5月アーカイブ

ハマヒルガオ

hp.jpg

ハマヒルガオ(ヒルガオ科)

典型的な海浜植物の多年草で、砂質の海岸に茎をのばします。

日差しが強くなるころに花を咲かせ、夕方に花がしぼむことから

この名前がつきました。

焼野海岸(ソル・ポニエンテの東側砂浜)にハマヒルガオの

見事な群落が出現しています。

 

 

ウマノアシガタhp.jpg

ウマノアシガタ(キンポウゲ科)

花を上から見ると、昔、馬に履かせていたゾウリに似ているところから呼ばれています。

竜王山のアスレチックの入口に大きな群落で咲いています。

5月17日ごろまで見ることが出来そうです。

コバノタツナミhp.jpg

コバノタツナミソウ(シソ科)

竜王山は海のそばにあり、コバノタツナミのように

海岸性の植物も多く見られます。

北斎の浮世絵に見られるくずれ落ちる波のようです。

特にオートキャンプ場上部の車道の山側斜面

100mに及ぶ群落は見事です。

5月10日ごろまでが見ごろです。