2013年4月アーカイブ

kobanotatunamisou.jpg

 

コバノタツナミ(シソ科)

海岸近くで多く見ることが出来る花です。花が泡立つ波に見立てています。高さは10~20cm。竜王山では個体数が大変多く竜王山を代表する花の一つです。陽あたりの良いところでは見ごろとなりました。最大の群生地はキャンプ場上部車道の右側斜面ですが、そちらの見ごろはこれからです。5月初旬まで楽しめます。その他の花も賑やかになって来ました。是非ゆっくり足元をお楽しみ下さい。

 

また、4月29日(祝・月)には、「竜王山 山野草の観察会」が開催されます。お問合せ、お申し込みは本山公民館へ。

【本山公民館】 ℡ 0836-88-2001

fuderinndou.jpg

 

 

フデリンドウ(リンドウ科)

主として頂上から配水池コースの中ほどにフデリンドウが見ごろとなっています。近年このコースの脇にあったメダケが刈りとられました。そこにフデリンドウが沢山出て来ました。雨天や曇天の日は花を開きません。ご覧になられる際には、好天の日においでください。

 

tokiirofuderinndou.jpg

 

 

竜王山にはフデリンドウが変異したと思われるトキイロフデリンドウが森の中でひっそりと咲いています。淡いピンク色が綺麗です。個体数は7~8株くらいです。

 

 

hotarukazura.jpg

ホタルカズラ(ムラサキ科)

竜王山のオートキャンプ場前の土手やサクラの標準木前の土手にホタルカズラが見頃となりました。高さが15cm前後で名前は花の中央部あたりがぼんやりと赤くなるのをホタルに例えたものです。竜王山ではさながらヒメボタルか?

これから春の山野草が加速して咲いていきます。