2013年7月アーカイブ

ウバユリが咲いています。

 

ウバユリ.jpg

 

ウバユリ(ユリ科)

竜王山のもみじ谷でウバユリが咲き始めました。15日現在1~2部咲きです。もみじ谷のウバユリは数千個体ありその大群落に圧倒されます。この花は花が咲く頃葉が枯れてきます。これをおばあさんの歯に見立ててついた名前です。もみじ谷園路の両サイドからウバユリの心地よい匂いが漂ってきます。日中よりも夜から早朝の方が匂いは強く、主としてガを受粉の相手にしているのと思われます。見ごろは21日(日)前後となるでしょう。尚、百年の森のウバユリは5~6部咲きです。是非お出かけ下さい。




 

コオニユリ.jpg

 

コオニユリ(ユリ科)

7月2日ネジバナの花だより時、コオニユリが一輪開花していましたが、4~5日の間に竜王山のあちらこちらで濃いオレンジ色が目立つようになりました。1週間後にピークを迎えるでしょう。かつてこの次期コオニユリの群落がありましたが、桜の木の陰などの理由で減少してました。近年また個体数を増やしつつあります。嬉しい限りです。頂上付近の西側道路下や頂上~配水池間などで見れます。梅雨明けの青空にコオニユリがよく映えます。


ネジバナが咲きました。

ネジバナ.jpg

 

ネジバナ(ラン科)

竜王山の頂上南側広場にネジバナが咲き出しました。名前は写真のように螺旋状にねじれて咲くところからこの名が付きました。別名モジズリともいいます。高さは10~20cmくらいです。よく観ると右巻き、左巻きとあるのが面白いですね。この花が咲くと間もなく梅雨明けを迎えます。ネジバナは芝や草地に現れます。竜王山の頂上南側広場では沢山咲き、見ごたえがあります。見ごろは7月中旬ごろまでです。もう1週間するとコオニユリの季節になり本格的な夏となります。