2015年7月アーカイブ

  ウバユリ 27 tori.jpg

 梅雨明けこの頃になりました。

竜王山のもみじ谷一帯でウバユリの大群落が見ごろと

なりました。

 ウバユリ(姥百合)はユリ科の多年草です。

高さが50~100cm。名前は花が咲く頃、葉が枯れるので

歯のない姥に見立てたものです。

 もみじ谷は数千個体咲き、百年の森でも見事に咲いています。

 芳香に誘われて、ぜひ訪ねてみて下さい。

ハマボウ 平成27年 tori.jpg


 7月に入り、JR山陽本線有帆川鉄橋下付近に、黄色のハマボウ(アオイ科)が咲き始めました。

 日本のハイビスカスとも呼ばれオクラの花によく似ています。花の直径は7cm前後。花弁がスクリューの

ようになっています。一日花で翌朝にはオレンジ色に変化ししぼんで

しまいますので、朝は2色で見られます。

 山口県のレッドデータブックに絶滅危惧Ⅱ類になっています。

 山陽小野田市のお宝です。ご覧になられてはいかがでしょうか。

 コオニユリ 平成27年 tori.jpg

 竜王山にコオニユリ(ユリ科)が咲いています。

夏の青空に真っ赤な色がお似合いとなります。

 様々なところで咲いていますが、頂上広場約100m

手前の道路下の群落が見事です。

 今年はここに通じるロープに導かれる観察路が設置されました。

 その他モリアザミの群生地でも見られます。

 コオニユリが終わる頃、もみじ谷のウバユリの大群落が主役となります。