2016年4月アーカイブ

春が深まり竜王山の新緑が素晴らしい

季節になりました。

 

コバノタツナミ(シソ科)

竜王山のコバノタツナミが見頃になりました。

葛飾北斎の浮世絵にある波頭のイメージから

この名がつきました。高さは10~20cm。

葉に毛があるところからビロードタツナミとも

呼ばれます。

竜王山ではいたるところにありますが、キャンプ場

上部車道の山側の斜面の群生が圧巻です。GW

くらいまでが良いでしょう。

この他アスレチック付近のウマノアシガタも見ごろです

コバノタツナミ.JPG

フデリンドウ(リンドウ科)

花のつぼみが筆のように見えるところから

この名がつきました。

フデリンドウ(リンドウ科)


高さは10cm弱、冠は2cm。

曇天雨天では花は開かない。陽がさすと鮮やかな

青紫色目に飛び込んできます。竜王山では頂上から

配水池コースの路傍に多く咲き、中旬ごろまで見頃です。

写真はモリアザミの群生地で撮影。


このほかミツバアケビ、アケビなどの花も咲いています。

アケビの花は雌雄異花で大きいのは雌花です。色と形が

素晴らしいですね。


   ミツバアケビ

ミツバアケビ


   アケビ

アケビ.JPG