Vol.6 山口県観光フレンズ 西村絹代さん

2011:08:15:13:54:05

市民の広場第6回は、平成23年6月より6代目「山口県観光フレンズ」に就任されました山陽小野田市在住の

西村絹代さんに、山陽小野田観光協会岩佐会長が、お話を伺いました。

西村さんhp.jpg 

(岩佐会長)

山口県の観光PRする6代目「山口県観光フレンズ」に応募したきっかけはどんなことですか?

 

 市民(西村さん)

山口県を旅行するのが大好きな母からのすすめと、自分自身がもっと山口県の歴史を学んだり、おいしいものを食べたり、体験をしながら山口県を大好きになっていきたいと思ったからです。先日もさっそく家族と観光地に行きました。食べ物もおいしく、やっぱり山口県はいいなぁと再確認しました。

 

(岩佐会長)

そうだよね。食べることが好きなのは観光担当に向いているよ。食べることと観光は切っても切れないからね。これからは山口県のどんなところをPRしていきたいですか?

 

 市民(西村さん)

 山口県の観光名所と呼ばれる所だけでなく、もっと身近な自然や歴史など、まだまだたくさんいい所があるので、それを一人でも多くの方に伝えていきたいと思っています。身近な所ではやっぱり竜王山の自然です。春は桜で山がピンク色に染まりますし、6月にはヒメボタルを見に来てほしいです。

 

vol.6-2hp.jpg

 

(岩佐会長)

竜王山は四季を通して色々な植物や動物が観光客を呼んでくれるけど、観光って「光っている人が、光るものを探して、光ることを訴える」これが大事。何もない所には何も生まれない、だから山陽小野田市では、観光を発掘し光を当て、人によって伝えていきたい。これからは山陽小野田市もしっかり宣伝してください。

 

 

 市民(西村さん)

歴史や名産などをストーリーにして、観光PR出来るようにもなりたいです。

 

(岩佐会長)

そうそう、山口県の県の花は夏ミカンだけど、この夏ミカンは明治時代に仕事をなくした士族の間で栽培してたんだけど知ってた?今はいろいろな加工品もたくさん出てるよね。こんな感じでPRできるといいよね。

西村さんの特技や長所、今後やってみたいことはありますか?

 

 市民(西村さん)

特技は一桁の読み上げ算です。買い物時にはとても便利です。

また、今後は観光フレンズの経験を生かして、もっと自分の活躍する場を広げていきたいと思っています。

 

 (岩佐会長)

観光フレンズに選ばれたことがチャンスなので、今まで以上にいろんなことに挑戦していってください。

 

市民(西村さん)

それと歌うことが大好きで、山陽小野田音頭を若者好みにアレンジした「soul full 山陽小野田」をイベントなどで歌っています。私の歌で皆さんに楽しい時間を感じていただき、市民のみなさんの口から「山陽小野田市は楽しいところだ」とか「とてもいい所だよ」って言っていただけるようなまちづくりのお手伝いをしていきたいとも思っています。

 

 (岩佐会長)

西村さんの個性で膨らませて観光PRしていただくと単なる二年間ではなく、山口県観光フレンズを卒業するころには、西村さん自体が山陽小野田市の観光の光にもなるので、これからの活躍を期待しています。卒業時にまた対談し二年間の成果を聞きたいですね。今日はありがとうございました。

 

vol.6-3hp.jpg